2008年08月10日

チラシから読み解く! 満足度100%のマンション購入法



デベロッパー(プロ)と一般消費者(素人)では、最初から勝負はついています。

マンション購入検討者が、カモネギ状態にならないように、デベロッパーのあの手この手を様々な角度から解説しました。

モデルルームにお出かけになる前にご一読下されば、販売員の毒牙から免れること請け合い。

短時間でデベロッパーへの抵抗力を高めるための、マンション購入予定者必携の強化書です。

以下は、読者の声。

excite booksのニュース記事「マンション・チラシにだまされるな!?」(「知ったかぶり週報」のkajieさん)を読んで購入。

今の私には、マンションを買う気はまったくないのだが、毎日、毎週(著書にあるように金曜日はすごい数!)入ってくるマンションのチラシは結構興味をもって眺めている。

高級感という言葉を履き違えているとしか思えない見てて恥ずかしくなってくるくらいのイメージ戦略、素人がみても胡散臭い現実離れしたこのインテリア、この時間じゃとうていたどり着けない理想値をうたうアクセス条件、カタカナや英語の羅列・・・・マンションのチラシはつっこみどころが満載なのだ。

それをまとめて、一冊にしたのがこの本。著者は建築の専門家。

実際のチラシはほとんどでてこないので(条件などが文字として載っている)、ちょっと迫力不足(そういう事情もわかるけど)。つっこみは、専門家さんならではの持ち味(もっと建築の知識に関する突っ込みなど)がたくさん。「へぇ」と思うところも多い(欲を言えば、もっとあってもいいかも。記事の重複も多いし)。

ちなみに、この本の元になったのは、ブログ。形式も同じだし、本の続きがここでも読める。

「ママさん編集者のぶらぶら日記」 ( http://d.hatena.ne.jp/gowest/ )から。
マンションの広告チラシの写真を使ったインパクトのある表紙に惹かれて、購入。面白くてあっという間に読んでしまいました。もうマンションを買っちゃった後なので後悔するかなと思いつつ・・・(笑)。

いやいや、なかなか勉強になりました。これからマンションを買われる方は一度目を通しておくことをお薦めします。本当にデベロッパーはあの手この手で売るんです。80%角住戸、スパ付き、タワー、オーシャンビュー、免震設計、どれも良さそうで惹かれるけれど、厳しい目でチェックしなくちゃいけませんよー。

ちなみに我が家はオーシャンビューですが、やっぱり塩害が気になります。洗濯物も乾きません。ま、想定内(byほりえもん)ですけど・・・。

「Chocolat Books」のせいこさん
近々でマンションがほしいわけではないが、会社の同僚でもマンションとか家を購入し始めているので、まずは手始めに勉強してみることにした。

DENとはなんぞや、とか広告には本広告と予告広告があり、本広告側では販売戸数を表示しなければならないが予告ではしなくてよい。

とか、抽選と先着順の違い。カーシェアリングサービスの意味。

100万円相当のプレゼントって・・・

など知らないことがいっぱい。知っていれば気にしながらマンションを選ぶことができること間違いなし。売る側の気持ちになれば巧みに買い手側の心理をつくことだけを考えているわけですから当たり前の戦略だったりするわけですが、いざ買う段階になるとそのことを忘れちゃったり、めんどくさかったりして考えないから失敗しちゃうんですよね〜。

月々8.99万円の返済でマンションが〜見たいなのも、よくよく計算していくと3年間はそのままだけれども、3年以降の支払い利率は上がっていて実際は13万円になっていたりと(ケースバイケースですが。)買った後に後悔したりすることがよくあるそうです。気をつけないと。

自分の場合が着たら、高い買い物ですからそれくらいの稼動は割いて判断しようっと。

かなり参考になる。ちょうど購入予定の友達にみせたところ、えーそうなんだと目からうろこ状態でした。使えそう。

★★★★★ 星5つです。

「最近の出来事」 ( http://blog.so-net.ne.jp/maroga/ )から


posted by 管理人 at 15:17| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寮や社宅あるいは賃貸マンションからの脱出を決意したものの、マンションを選ぶために何から手をつければいいのか?

そんなあなたのために、マンション選びのノウハウを凝縮して、以下に紹介します。
すてっぷ1まずは全体像をつかむ(一生住めるマンション

  • 筆者のマンション購入体験を通して、一生住むにふさわしいマンションの選び方について、全てのノウハウを公開。
  • 本書は読み物風になっていて、ところどころにほのぼのとしたマンガもあり、とても読みやすい仕上がりになっています。
  • マンション選びを始めるにあたって、まずは全体像をつかみましょう。

目次へ

すてっぷ2 教科書を入手する(住まい買うとき売るとき '09→'10決定版 (住宅情報suumo)
  • マンションの選び方から、資金計画や契約の重要ポイント・節税方法まで、知っておくべき情報がとてもコンパクトにまとめられている。
  • 版を重ねている、マンション購入検討者に必携の教科書でしょう。

目次へ

すてっぷ3 個別具体的な疑問を解消する(マンションってどうよ?
  • 分からないことがあれば、専門家に訊きたいところ。
  • 身近に専門家がいなくても、“100人の専門家”による無料相談コーナーに投稿すれば、あなたの疑問はすぐに解消するでしょう。
  • NPO法人が運営しているマンション購入者支援サイト(関西版関東版がある)。

目次へ

すてっぷ4 物件情報を集めるおすすめマンション比較サイト

目次へ

すてっぷ5 デベロッパーの実力をチェック(マンション選び!デベロッパー比較
  • マンション選びは、デベロッパー選びでもあります。
  • デベロッパーを選ぶポイントは、次の3点。
    1. シェアが高いこと
    2. 実績が豊富であること
    3. 経営が安定していること
  • マンション選び!デベロッパー比較」サイトで、あなたが気になった物件のデベロッパーの実力をチェクしょう。

目次へ

すてっぷ6 デベロッパーの財務情報をチェック(マンション選び!株価でチェック
  • 今の時代、一寸先は闇。たとえ大手といえども、いつ経営が傾くか判らない。
  • 瑕疵担保責任の特例として基本構造部分(柱、梁などの住宅の構造耐力上主要な部分と雨水の浸入する部分)の瑕疵担保責任(修補請求権等)が10年間義務付けられることになっているのですが、数年で倒産してもらっては、クレームをもっていくところがなくなってしまう。
  • マンション購入者としては、デベロッパーの経営は安定していてもらわなければ困るので、念のために株価や財務情報をチェックしておこう。

目次へ

すてっぷ7 設計事務所・施工会社・管理会社の実力もチェック(マンション選び!ランキング
  • しっかりしたデベロッパーであることが確認できたら、念のために、設計事務所・施工会社・管理会社の実力もチェックしておこう。

目次へ

すてっぷ8 物件の口コミ情報をチェック(マンションコミュニティ
  • 気に入った物件が絞り込まれてきたら、口コミ情報もチェックしておきたい。
  • 「マンションコミュニティ」は、新築マンションや中古マンションなど、マンション購入検討者の情報交換を目的とした国内最大規模の掲示板サイト。
  • 匿名投稿方式なので、本音情報を得られやすいが、販売サイドの工作員の投稿も多いので注意を要する。

目次へ

すてっぷ9 現地を確認する
  • 消費者にとって本当に知りたいことは、マンション広告などには必ずしも記載されていない。
  • だから、気に入ったマンションを見つけたら、まず現地の周辺状況をよく確認すること。
  • 現地の確認は、車から眺めただけでは不十分。
  • とにかく時間をかけて、マンションの周辺を歩き回ることです。

目次へ

すてっぷ10 モデルルームに出かける前に(チラシから読み解く!満足度100%のマンション購入法
  • デベロッパー(プロ)と一般消費者(素人)では、最初から勝負はついている。
  • マンション購入検討者が、カモネギ状態にならないように、デベロッパーのあの手この手を様々な角度から解説した。
  • 本書を読んで、少しでも免疫(販売員の毒牙に対する抵抗力)をつけてほしい。

目次へ

番外編 超高層マンションに興味がある方(マンション選び!超高層マンション
  • 超高層マンションを選ぶ際には、高層階と低層階の住民の経済格差問題―― 超高層マンションが本質的に抱えている社会構造的な問題を承知しておこう。

目次へ


最後までお読みいただき ありがとうございます。
ご意見、ご感想など、お寄せいただければ幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。